2011年度 | 2012年度 | 2013年度 | 2014年度 | 2015年度 | 2016年度

2012年度論文リスト

  • 2012年4月1日~2013年3月31日

原著論文 / Journal papers

2. 真嶋温佳,藤田洋子,トーレス・ラファエル,川波弘道,原直,松井知子,猿渡洋,鹿野清宏, “音声情報案内システムにおけるBag-of-Wordsを用いた無効入力の棄却,” 情報処理学会論文誌,Vol. 54,No. 2,pp. 443-451, Feb. 2013.

1. 原直,北岡教英,武田一哉, “音声対話システムの発話・動作タグN-gramを用いた課題未達成のオンライン検出,” 電子情報通信学会論文誌,Vol. J96-D,No. 1,pp. 81-93, Jan. 2013.

国際会議 / Conference proceedings

4. Haruka Majima, Rafael Torres, Hiromichi Kawanami, Sunao Hara, Tomoko Matsui, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano, “Evaluation of invalid input discrimination using BOW for speech-oriented guidance system,” Proc. the 4th International Workshop on Spoken Dialog Systems (IWSDS2012), pp. 339-347, Paris, France, Nov. 2012. (Poster)

3. Sunao Hara, Hiromichi Kawanami, Hiroshi Saruwatari, Kiyohiro Shikano, “Development of a toolkit handling multiple speech-oriented guidance agents for mobile applications,” Proc. of the 4th International Workshop on Spoken Dialog Systems (IWSDS2012), pp. 195-200, Paris, France, Nov. 2012. (Poster)

2. Hisashi Handa, Masanobu Abe, Hiroshi Kawakami “Speech synthesizer with F0 changes in response to users’ motion” Proc. 8th International Conference on Humanized Systems, pp.181-186, Aug. 2012.

1. Masanobu Abe, Daisuke Fujioka, Hisashi Handa “A Life Log Collecting System Supported by Smartphone to Model Higher-Level Human Behaviors,” Proc. 6th International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS 2012), pp.665–670, Palermo, Italy, July 2012. (Oral)

総説・解説 / Reviews

3. 西村竜一,原直,川波弘道,李晃伸,鹿野清宏, “10年間の長期運用を支えた音声情報案内システム「たけまるくん」の技術,” 人工知能学会誌(特集:「音声対話システムの実用化に向けて」), Vol. 28, No. 1, pp. 52-59, Jan. 2013.

2. 川上浩司,半田久志,阿部匡伸, “構音障害支援と音声合成,” 計測と制御, Vol. 51, No. 8, pp. 765-770, Aug. 2012.

1. 阿部匡伸, “ライフログ処理技術とその活用システム論文特集の発行にあたって,” 電子情報通信学会論文誌 D, Vol. J95-D, No. 4, pp. 711-712, Apr. 2012.

国内大会・研究会講演

7. 井上拓真,原直,阿部匡伸,井島勇祐,水野秀之, “HMM音声合成と波形音声合成の混在による方式の評価,” 日本音響学会 春季研究発表会 講演論文集,1-7-15,pp. 297-298,Mar. 2013.

6. 真嶋温佳,トーレス・ラファエル,川波弘道,原直,松井知子,猿渡洋,鹿野清宏, “音声情報案内システムにおけるBag-of-Wordsを用いた無効入力棄却モデルの可搬性の評価,” 日本音響学会 春季研究発表会 講演論文集,3-9-5,pp. 99-102,Mar. 2013.

5. 濱野和人,阿部匡伸,原直,藤岡大輔,望月理香,渡部智樹, “他者のライフログからの類似した印象を持つイベント抽出法の検討,” 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 112,No. 466,LOIS2012-99,pp. 173-178,Mar. 2013.

4. 藤岡大輔,原直,阿部匡伸, “GPSデータから抽出した滞在地のネットワークにおける個人の特徴分析,” 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 112,No. 466,LOIS2012-100,pp. 179-184,Mar. 2013.

3. 真嶋温佳,トーレス・ラファエル,川波弘道,原直,松井知子,猿渡洋,鹿野清宏, “Bag-of-Wordsを用いた音声情報案内システム無効入力棄却モデルの可搬性の評価,” 第15回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会, 講演番号39,Dec. 2012.

2. 河井啓介,半田久志,阿部匡伸, “スペクトル包絡の伸縮が音声の個人性・音韻性に与える影響,” 日本音響学会 秋季研究発表会 講演論文集, 1-1-1, pp. 1-2, Sept. 2012.

1. 平山明彦,半田久志,阿部匡伸, “音声の周波数帯域を除去した音響信号からの場所推定,” 日本音響学会 秋季研究発表会 講演論文集, 1-2-4, pp. 223-224, Sept. 2012.

修士論文 / Master Thesis

  • 久家光彦,”声道模型によるスペクトル分析精度と声質変換性能の評価”

特別研究報告(卒業論文) / Bachelor Thesis

  • 伊勢毅士,”正弦波の重ね合わせによる音声合成における正弦波生成の高速化についての研究”
  • 遠藤一輝,”声質変換のためのスペクトル包絡変形関数の生成に関する研究”
  • 瀬藤諒,”位置情報による行動分析を行うための経由地検出の研究”
  • 難波祥平,”音響信号とマルチセンサーを用いたスマートフォンによる自動車の燃費推定”
  • 林啓吾,”階層システムのためのGPSデータに基づく行動振り返り支援方式の研究”
  • 松尾雄二,”行動分析の精度向上のためのノイズ除去の研究”
papers/2012.txt · 最終更新: 2016/05/25 16:43 by Abe
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
chimeric.de = chi`s home Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0